男性パーソナルスタイリスト【メリット・デメリット】

そもそも、なぜ男性専門パーソナルスタイリストが存在するの?

「メンズファッション」と「レディスファッション」の違いがポイント!

メンズファッションとレディスファッションにはそもそも違いが多く存在するため、洋服を買う時に気を付けるポイントも男女では違います。


レディスファッションの特徴は?
  • アイテムの種類やデザインが豊富
    (例 スカート、パンツ、ワンピース)
  • 流行の変化が大きい
  • フリーサイズのアイテムが多い(特にトップス)

メンズファッションの特徴は?
  • アイテムの種類やデザインが少ない(下にはくのはパンツだけ)
  • 流行の変化があまりない
    (特に「スーツ」は約100年シルエットが変わっていません)
  • 自分に合ったサイズを買うのが当たり前


従って、ファッションにおいて女性は「流行に遅れていないか」を、男性は「自分らしさ、こだわり」をより重視する傾向にあります。男性は数少ないアイテムの中から「自分らしさ」や「こだわり」を演出しなければなりません。女性はサイズよりもデザインや色で流行を押さえることができるのに対して、男性はサイズ・素材・色に気を付けないと「自分らしさ」や「こだわり」を演出することができません

男女共に使えるパーソナルスタイリストもありますが、男性専門パーソナルスタイリストの方が男性に適した買い物の仕方を提案できるのです。

「男性専門」とそうでないパーソナルスタイリストの違いは?

男性専門のパーソナルスタイリストでは男性に合ったサービスを提供してくれることは間違いありませんが、もちろん、メリットだけではなくデメリットもあります。もしサービスを受けるなら、どちらも理解した上で申し込むことをおすすめします。

男性専門パーソナルスタイリストのメリットは?

買い物はスタイリストに代行してもらい、その分の時間を有効活用できる
(同行ショッピングは時間がかかるので行わないことが多いです)

一ヶ所のサロンでビジネススタイルもカジュアルスタイルも揃えられる

ファッションをセンスではなく「論理的」に説明してくれるので男性でも実践しやすい

メンズファッションにおける経験を持つスタイリストがサービスを提供していることが多いので、男性にあったサービスが受けられる

男性専門パーソナルスタイリストのデメリットは?

奥様や彼女さんなど、男女で一緒に同じようなサービスを受けることができない

日常で着まわせるスタイルが得意な反面、流行を追った個性的なスタイルはあまり得意でないことが多い



男性専門パーソナルスタイリストで実績NO.1のサロンです
コーディネートサロン ライフブランディングは「ガイアの夜明け」や「日経ビジネス」など著名メディアでも取り上げられた業界のリーディングカンパニーです。30代、40代の男性の利用者が多く、リピート率も9割を超える満足度の高さです。

文化服装学院
ファッション業界で活きる経験をつけたいなら文化服装学院がオススメです。コシノジュンコさんなど、著名人も多数卒業している学校です。モデルやスタイリストなど、目指す分野によって学科も細かく分かれているのでより専門性を高められます。